食洗機でテフロン加工のフライパンを洗いたい

せっかくある食洗機。便利に使いたいです。フライパンだけ手洗いとか面倒くさい。
でも、フライパンは食洗機で洗わないでくださいって書いてますよね。
特にテフロン加工のフライパンは食洗機NG

どうしてもフライパンを食洗機で洗いたかったので、そもそも
「フライパンは食洗機で洗えるのか?」について調べました。

結論「フライパンは食洗機で洗える」

下のほうに、食洗機で洗えるフライパンと、食洗機で使える中性洗剤について一覧にしています。
結果だけ見たい人は目次から飛んで見てください。

食洗機で洗えるフライパンはティファール

ティファールの公式サイトは、テフロン加工のフライパンは「食洗機対応」としっかり明記されています。

引用:https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/goods/index.html?ggcd=2100105679&cid=ck_stackable01_09

 

基本的に、ティファールのフライパン、エッグパンは食洗機対応です。

食洗機対応のフライパン、エッグパンならティファールが安心です。

食洗機対応ティファールでも普通に使えばテフロンは二か月ぐらい

我が家はティファールのフライパンを使っています。
お気に入りはこれ。厚焼き玉子が作れます。小さいので朝食に便利。

取っ手が邪魔でしょうがなかったので、「取っ手がとれる」フライパンはお気に入りでした。

ティファールのフライパンは、新品だと油をひかなくてもくっつかないですが、
普通に使えば2か月もすれば焦げるようになってきます。
どうしてもテフロンがはがれてくるんですね。

ティファールのサイトにも、「テフロン加工を長持ちさせるために油をひいてください」とあります。

テフロン加工のフライパンはパール金属がおすすめ

最近はアイリスオーヤマやパール金属からも「テフロン加工で取っ手がとれるフライパン」が販売されています。

パール金属は、ティファールの取っ手が使えますので、
買い替えを考えているなら検討の余地ありです。

 

フライパン(正確にはテフロン加工)は消耗品ですので、商品が悪いわけでありません。
もちろん、使い方が悪いわけでもありません。そういうものなのです。

(テフロンが長持ちする使い方も後述しますので、参考にしてみてください。)

 

フライパンを食洗機で洗う:食洗機用洗剤は中性洗剤

フライパンを食洗機で洗う場合、テフロン加工を少しでも長持ちさせるためには、
食洗機用洗剤は中性洗剤を使います。
たいていの洗剤は「弱アルカリ性」ですが、食洗機用中性洗剤なら汚れ落ちは問題ありません。
食洗機は蒸気や高温で汚れを落としてから洗うため、スポンジでゴシゴシこする手洗いとは汚れの落とし方が異なります。

食洗機用の中性洗剤は少なく、探すのが大変だったので一覧にしました。
中性洗剤を探す際にお役に立てれば幸いです。

食洗機用中性洗剤一覧

食洗機用中性洗剤は、3種類しかありません。(食洗機用洗剤は全種類調べました汗)
以下の3つなら、洗浄力も問題なく、テフロンも長持ちします。

 

■我が家の食洗機用中性洗剤はこれです。いくつか試してこれに落ち着きました。汚れ落ちは全く問題なし。
大容量を買っておけば、買い物の回数も減ります。

 

 

■これはチャーミークリスタの同じシリーズ。全く同じですがにおいが違います。

 

 

■キュキュットシリーズ。洗浄力がウリです。

 

全部試してみましたが、正直言って、洗浄力や、洗いあがりに差があるようには感じませんでした。
(違いが判らないだけかもしれませんが汗。)
においの好みで選んでもよいかも。

 

テフロン加工のフライパンを長持ちさせるために

消耗品とはいえ、毎日使うフライパンですので少しでも焦げつきをおさえて長持ちさせたいですよね。
以下に使い方をまとめました。

高温で使わない

テフロンは高温に弱いです。空焚きは厳禁です。
長持ちさせたいなら油を引いたほうがいいですが、ヘルシーな料理をしたい場合は油は引きたくありません。

弱火~中火で、空焚きをしないようにするだけでも長持ちします。

急激に水で冷やさない(熱湯を入れない)

テフロンは急激な温度変化に弱いです。
熱々のフライパンを水道水で「じゅっ」と流したりしないようにします。

逆に沸騰した熱湯を入れることもやめましょう。

 

食べ物を入れっぱなしにしない

フライパンに食品を乗せたままにすると、食品から酸化がはじまりテフロンがはげる原因となります。

可能なら調理後すぐにお皿に料理を移しましょう。

 

やわらかいスポンジを使う

テフロン加工は衝撃に弱いです。鉄ヘラや、固いスポンジでこするのは剥げる原因となりますのでやめましょう。
テフロン加工フライパン用のやわらかいスポンジというのも販売されています。
ただ、費用対効果としては??とは思います。

 

 

最後に

とはいえ、テフロン加工のフライパンは、消耗品です。
個人的な感覚ですが、どんなに頑張っても1年ぐらいで焦げ付きは発生する気はします。

なので割り切って、最初の1年は油なし、次の年からは油をひいて使って使う・・というのが現実的なのかなと思います。
よい食洗機ライフを。

 

 

 

参考:ティファール「よくあるご質問」
https://www.t-fal.co.jp/consumer-services/faq/

 

おすすめの記事