動画の生放送や、録画した動画の編集をするときに、どうしても欲しかったのがこれ。

だけどちょっと高くて手がでない。毎日使ったり、生放送が仕事なら迷わず買うけど、趣味のものにそこまで使う勇気はちょっとない・・・。

そこで、Elgato STREAM DECKを代替するデバイスを自作できないか模索したところ、

「自作キーボード」という選択肢があることに気が付いた。

でも、自作キーボードは、はんだごてを使ったりしないといけないみたいで、そこまでしたいわけではない。

あくまで Elgato STREAM DECK みたいなことをやりたいだけ。

プログラミングキーボードを探してみた。サンワのプログラミングキーボードがあった。

ただ、なんか違うんだよね・・バックグラウンドのソフトは使えないようで・・。

次に気になったのがこれ。Koolertron片手マクロメカニカルキーボード。

これもちょっと気にいったんだけど、派手すぎてちょっと。このキーボードでゲームしたいわけじゃないから、LEDがちかちかするような余分な機能いらない。

そして、最後まで選択肢として迷っていたのがこれ。

ただ、値段がね。ここまで出すならもうElgato STREAM DECKでいいんじゃね?って感じ。

それと、このキーボードは基本はPOS等に使う業務用で、マクロを組むソフトはメーカーサイトからしかダウンロードできなくて、サポートが終わったらどうすればいいのか途方に暮れそうだったので却下。

フリーソフトが使えたらよかったのにね。そしたら神キーボードになれたかもしれない。

Sayo Decive プログラマブル Keyboard なるものを購入

市販のプログラマブルキーボードではどうも希望した動きができないようなので、

あやしい中華のキーボードを買ってみた。

それがこれ。一番右のボールペンは、サイズ比較用。

4×4のキーボード。USB-typeCのケーブルがくっついてます。

怪しい中華サイトで買ったけど、AMAZONで買うならこれです。

さて、これをPCにつないでみましょう。

たぶんデフォルトでなにかキー割り当てがあるはず。

そしてコイツの型番はなんやねん。

それがわからないと、何もできないと思う。

とりあえずつないでみました。

パソコンにつなげてみました。

動くのか?ドキドキ。

そしてどんなキーマップがされているのか?

デバイスの設定を見てみると!なんと!ちゃんと認識されています。

デバイス名はわかった。

この名前をもとに、googleさんで検索していきます。

ちなみに、この16キーには、左上から右下に向かって、

1~fまでわりあてられていました。

これは期待大。

さんざん探して、やっと見つけた。

キーマッピング書き換え用ソフトのダウンロードサイト。

https://osu.sayobot.cn/download/

参考にしたのは以下のサイトです。
https://note.com/yobane_mw/n/ne7fca4a77fa1

ダウンロードして回答すると、以下のようなフォルダ構成なので、

「Sayo_CLI_Windows.exe」をクリックします。

すると、こんな画面になります。

ダウンロードすると、新しいexeをダウンロードできます。このまま使うこともできます。古くても動いているようです。

上記は、ブラウザの機能で日本語にしていますが、英語か中国語かドイツ語が選べます。

新しいexeをダウンロードして解凍して、先ほどのフォルダに上書きすると、新しいexeでキーマップを行えます。以下のような画面になります。キーボードを認識できてたらOK。「Connect Device」をクリック。

もし認識してなければ、USBを抜き差ししてみましょう。

接続成功すると、以下のような画面になります。

さあ、キーバインドを変更していきましょう。

レイヤーも含めると、デフォルトレイヤー16ボタン

さらにレイヤー1~4まで5レイヤー使えます。

レイヤー切り替えボタンで、デフォルトのキーが4つつぶれることを考えると

レイヤーを使うかどうするか悩み中。

固定文字列もワンキーで入力可能。

もちろん、マクロの記録も可能。

当然、キーボードからの入力設定も可能。

キーのレイアウト設計は、毎日の楽しみで取っておきます。

楽しみです。今後更新していきます。

海外サイトで売買したくない人は、同じメーカーのキーボードがAMAZONでも買えます。

もうちょっとキーが多いほうがいい人は、こちら

二つボタンもあった。これはキー割り当てに悩む(笑)

あまりに気にいったので、36キーボード買おうか悩み中。レイヤーのFnキー分キーがいりそうなので16キーじゃ足りないよね。

Elgato STREAM DECK でやりたかったことを、このキーボードで実現できないか、じっくり試していこうと思います。

続く。

おすすめの記事