A5のリフィルを自作して使っています。
筆者も昔は手帳を使っていましたが、生活の変化や仕事内容の変化により
使いたいフォーマットも変化していきました。

スケジュール管理方法の遷移

今までスケジュールはシステム手帳を買っていました。

B6のEDITを数年、その後は高橋のマンスリーでポピュラーなものを。

EDITはデイリーから、マンスリー+バーティカルを数年。

高橋は、A5のマンスリーを2年。

気にいって使っていましたが、

リフィルは自分が使いたいフォーマットのものが欲しくなり、ついにルーズリーフリフィルへの道へ。

A5リフィル型の手帳に手を出す

手帳の表紙は、リングノートてふれーぬビジネス。

「手がリングに触れない」って最高です。さすがキングジム。
私はポメラも2台持ってます。

プライベートのメモには、ビジネスではないてふれーぬを持っています。

二つの「てふれーぬ」の違いは、黒かどうか、と内側にファイリングできる入れ物があるかどうかですね。
私はわざわざ「ビズ」を買いましたが、不要でした(笑)。

最初は、印刷されたものを買っていました。

でも、だんだんと自分の好みのフォーマットのリフィルを使いたくなり・・

⇒このフォーマットが欲しい、このフォーマットはいらないはまた別記事で。

A5リフィル手帳、ついに自作へ


そうすると自作しか選択肢がありません。
さらに自作するとプリンターと市販の用紙の都合上
B6よりA5のほうがよいです。

ルーズリーフは市販のA5無地を買い、印刷して使います。

ルーズリーフには、20穴と6穴があり、自分が使いたいファイルで決めればよいと思います。
テフレーヌは20穴ですが、システム手帳用のリフィルは6穴用が多いです。

自分で穴をあけてもいいです。筆者は穴あけ器を買ってどちらで使えるようにしています。

ルーズリーフパンチを買った人は、コピー用紙もリフィルに使えるようになります。
お得ですが、コピー用紙はルーズリーフに比べると薄くなるので、
気になる人はルーズリーフの無地を買った方がいいです。
A5用紙は重いのでAmazonでまとめ買いしています。


A5はちょっと大きい気もしていましたが、思い切って切り替えたところ、
使い勝手もよく気に入ったので、完全A5リフィルに切り替えました。

2年分ほど無料ダウンロードサイトのリフィルを使っていましたが、
それでも好きなリフィルを使いたくなり、リフィル自作に踏み切りました。

そこで今回は、A5リフィルの作り方をご紹介します。

A5リフィル作成-レイアウトを決める

A5リフィルで使えるサイズ

筆者がA5リフィルを作るために見繕ったサイズは以下になります。

A5用紙の場合は、194mm×120mmの中で自由にレイアウトできます。

上下はプリンタに寄りますが、左右は穴の関係があるため14mmは開けるようにしましょう。

デザインソフトでの用紙設定

私は先月までAdobe illustrator と Adobe Photoshop を使用していましたが、
買い切りの時代のものなのでいつ使えなくなるか不安なのと、
今後Adobe関連の仕事の受注はもうないだろうから(ちょっとわからないけど)
高額なサブスクを払い続けるつもりがなかったことから、
買い切りのデザインソフトをずっと探していました。

そこで見つけたのが

Affinity Designer (デザインソフト)

Affinity Photo(画像編集ソフト)

Affinity Publisher(DTPソフト)

です。気に入りすぎて3種類同時に買いました。

現在の作業はすべてaffinityシリーズで行っており

今後もその予定です。

公式サイトはこちら

Affinity 公式サイト

https://affinity.serif.com/ja-jp/

では、次回カレンダーを具体的に作っていきたいと思います。

おすすめの記事