文房具大好きの、椎名@孤高の在宅勤務です。

私のお気に入りの油性ボールペンはUNIの「JETSTREAM(ジェットストリーム)」なんです。

油性ボールペンなのに、ダマにならない、書き味スムーズで紙に引っかからない。

そのくせ油性なのですぐ乾く、水に強い。

発売当時からずっとJETSTREAM(ジェットストリーム)のボールペンを愛用しています。

※ちなみに「UNI」も「三菱鉛筆」も両方三菱(同じメーカー)ですよ。

JETSTREAM(ジェットストリーム)のボールペンが太い

私は手帳も好きで、リフィルを自作するほどこだわっています。

手帳に予定をメモする時、3色~4色の多機能ペンを使いたいのです。

でも、JETSTREAM(ジェットストリーム)の多機能ペンって太い!

これ見てください。4&1(4色+シャープペンシル)で、軸径13.7mm。

結構ごつい・・。

ゼブラのサラサ(4色+シャープペン)でも、軸径13.5mm。

 

4色ボールペンを使いたい、でもシャープペンシルはいらない、そして細いボールペンがいい人は、リフィルを交換してみましょう。

 

この記事が役に立つ人

  • 4色ボールペンを使いたい
  • ジェットストリームのインクが使いたい
  • 細い軸径のボールペンを使いたい

 

 

三菱ボールペン「Tombow RePorter SMART」BC-FRL-11にSXR-80シリーズを投入

使うのはこのボールペン。

三菱ボールペン「Tombow RePorter SMART」です。
こちら軸径12mm。

1.7mmしか違わないって?触ってみるとその違いと書きやすさは持った瞬間わかります。

 

JETSTREAM(ジェットストリーム)3色と比べてようやく同じぐらい。

 

写真は上がJETSTREAM(ジェットストリーム)3色、

下が三菱4色ボールペン「Tombow RePorter SMART」です。

なんならジェットストリーム3色の方が太いぐらい。

 

 

 

 

使うJETSTREAM(ジェットストリーム)の替え芯(リフィル)は、SXR-80シリーズです。

太さ0.38(極細) SXR-80-38
太さ0.5(普通) SXR-80-05
太さ0.7(太目) SXR-80-07
太さ0.7(極太) SXR-80-10

 

では早速セットしてみましょう。
上から黒、赤、緑、青のリフィルなんですが、
黒と緑はジェットストリームのSXR-8038です。赤と青はRePorter SMARTのリフィルです。
軸の色がちょっと黒いのがRePorter SMARTです。
色以外の見た目はすでにわかりません。

 

 

 

抵抗なくすんなり入ります。長さもピッタリ。ブラボー。

 

 

持った感じが明らかに細い。

 

 

手帳に挟んでも、あまり違和感なく持ち運べます。
太くないって快適です。シャーペンはいらない。シャーペンは単体で持っていますし。

 

 

Tombow RePorter SMART(トンボ リポーター スマート)自体も、すごくいいボールペンなんですよ。
インクの出はとってもスムーズです。ほかのボールペンに比べて、ダマになりづらいです。

一番のポイントは、色によって取っ手の部分の形が違うこと。
暗いところでも、触っただけで何色かわかります。

引用:三菱リポータースマート公式ページ
三菱リポータースマートの公式ページはこちら

 

これで持ち運びもストレス無し!

 

三菱ボールペン「Tombow RePorter SMART」にUNIジェットストリームの替芯(リフィル)を入れる記事のまとめ

三菱ボールペンは、「トンボ リポータースマート4色」型番は「BC-FRL-11」

使えるジェットストリームリフィルの型番はSXR-80-38、SXR-80-05、SXR-80-07、SXR-80-10

となります。

 

それでは、快適なJETSTREAM(ジェットストリーム)リフィル生活を。

おすすめは0.38mm。手帳に小さい文字で書けますよ。

 

 

おすすめの記事