今日は珍しく軽い読み物系です。
いつもはどうしてもオタク系の記事になるのですが、思うところあったので。

今日ね、たまたまAmazonのサイト見てたら、こんなもの見つけたんですよ。

ボディブラシのレビューに、「冷却ファンを購入しました」とありますね。
同日にPCの冷却ファンのレビューも入れています。
 

amazonのレビューはサクラが多い?

私はどちらかというとECサイト側の人間です。
店舗運営ではなく、さらにその裏のシステムメンテナンスなどやってます。
ですので一応は店舗運営者に近いところにいて、気持ちはほんのりわかります。

上記の画像でわかることは、
「同じ日に同じ人が別々の商品にコピペのレビューを入れた」ということだけです。
実は画像にはあげてないのですが、このレビュー文言は別のPC冷却ファンのレビューにも使われていました。

これらで以下のことが妄想できます。妄想ですよ、あくまで。
・このレビューアは、お金をもらってレビューしている。(でもコピペ失敗)
・ボディブラシの出品者は、お金でレビューを買っている。

 

ECサイトのレビューにはサクラは間違いなくいます
皆さんも、ネットショッピングをする際は、まずレビューを見ませんか?
さらに、低評価レビューの商品と高評価レビューの商品だとどちらを買いますか?
レビューは商品の売り上げに大きく影響します。
ネットショップ経営者はレビュー数を増やして売上UPさせたいのです。

正統派のネットショップ経営者は、
「レビューを入れてくれたら送料無料」とか
「レビューでもう一つプレゼント」をやります。
でもこれは正直、時間も費用もかかります。

そこで「レビューを買う」という禁断の一手に出るわけです。
低費用、短時間で高評価レビューが手に入ります

でもAmazonもレビューの売買には目を光らせていて、怪しいレビューはすぐ削除したり、出品アカウント停止などの措置をとります。
とはいえ出品者も賢くて、怪しい日本語の業者は使わないようにしたり、低評価レビューを織り交ぜたりします。
結局はいたちごっこです。

怪しいレビュー(サクラ・やらせ)の見分け方

怪しいレビュー(サクラ・やらせ)の見分け方を、孤高の在宅勤務なりに分析してみました。
とはいえ、あくまで怪しいってだけですよ。ほんとのレビューもきっとありますから。

怪しい日本語

サクラかどうか、怪しいレビューの見分け方としては、やはり怪しい日本語というのが一番です。業者も低単価で提供するために、文言は海外に発注したりします。
中国やフィリピン辺りで日本語対応してくれる業者は山ほどいます。

 

星の数とレビュー内容が一致していない

レビューではべた褒めなのに、★が少ないレビューってありますね。
逆もしかりです。★5なのに「全然使えません」とかありますね。
まちがいなく怪しいレビューです。

どうしてこういうことが起こるのか?
それはレビューを買う時に「文言だけ」買うので、星の数を指定することができないからです。
業者によっては一律★4とか、一律★5を入れたりします。

日本人の購入者の本当のレビューでも、「可もなく不可もなくで★3」がデフォルトの人がいますのでご注意を。
ただ、そういう人は、全体的に厳しめのレビューなので、その人のレビュー履歴を見ればすぐ判断できます。

いくつかのレビュー投稿日が同じ年月日

もう怪しさ満載です(笑)。
これは業者がやるからですね。当然です。
同じ日付のレビューが3件、5件などまとまっているとさらに怪しいレビューです。

新商品なのにレビューが付いている

新商品ですぐにレビューが付くことはほぼありません。
Amazonの場合、新規商品でちょっとだけピックアップされるのですが、
その「新商品ブースト」で波に乗らないと検索上位に食い込めません。

ECサイトもブログ同様、検索順位が売り上げに大きく影響します。
なのに発売から数日で1件や、3件だけレビューがあったりするとかなり怪しいです。

 

怪しいレビューがあるからと言って、ダメな商品ではない

ここを勘違いしてほしくないのですが、怪しいレビューがあるからと言って、使えない商品ということではありません

中にはいい商品もあって、検索順位さえあげれば飛ぶように売れ、本当に商品を購入した人が高評価レビューを入れてくれるような商品もあります。
その「レビューブースト」を使うために、禁断の一手を使うこともあるからです。

ですから怪しいレビューがあるからと言って、購入を避ける必要はありません。
とはいえレビューを買うことはAmazon・楽天の規約違反です。規約違反して売り上げを上げたい出品者をどう思うかは購入者の判断です。

★1の低評価レビューは、ライバルの妨害の可能性もある

結構売れてそうだし、高評価レビューも多い、ランキングもそれなりなのに、
「★1 全く使えない」みたいなレビューをたまに見かけませんか?

同業者の嫌がらせ(妨害)の可能性があります。
売れ筋商品や「ベストセラー」になると、どうしても露出が増えるのでライバルも足を引っ張ろうと必死です。
妨害レビューのほうが細かくキチンと書いてきます(笑)。Amazonではレビューページに「商品を購入」と表示されますので、本当に商品を購入して★1の低評価レビューをつけてきます。

同じ商品を売っている場合は、ライバルはどこを攻めてくるかというと、サポートの質なんですね。
例えば「商品の電源が入らない、すぐ壊れた、サポートに電話したらつながらない、やっとつながったと思ったら1時間待たされた、交換・返品も対応しない」みたいな感じです。

私は仕事上、複数店舗の店長さんとお話しすることがあるのですが、明らかに事実と異なるレビューを書かれていたことがありましたね。

上記の例だと、電話がつながらないことは仕組み上あり得ない、とか、返品対応は無条件にやっている、などです。
返品対応などは、サービスがいいわけでなく、返金・返品したほうがコストが安いからです。
電話で顧客対応などしていると、一日つぶれますからね(笑)。
その辺は店舗もドライですし、買う側も「サービスがよい」になって一石二鳥です。

ですので購入時は極端な★1レビューは無視して、中央値のレビューで判断しましょう。

※体感ですが、Amazonの商品レビューで「ショップレビュー」「サービスの質レビュー」の内容のものは、すぐ削除されることが多いです。商品のレビューをしろってことですかね。

レビューに左右されず商品を購入するには

ネットショッピングはレビューに左右されがちです。ではどういう商品を買えばそれなりに「可もなく不可もなくそれなりに満足」の結果になるでしょうか。

ベストセラー商品を買う

Amazonの商品をみていると、「ベストセラー」と表示されていますね。これは実際よく売れている商品です。ベストセラー商品を買っておけば、大ハズレはありません。

Amazon's Choiceを買う

Amazon's Choiceは、店舗側が勝手につけられるものではなく、Amazonが売れ行きや、ランキング、レビューの内容などトータルで判断してつけています。
こちらも選んでおけば大ハズレは無です。

ランキングが高いものを買う

ランキングは「売れ筋ランキング」や「新着ランキング」や「ギフトランキング」などいろいろあります。
自分の希望と合致するランキングを見て、そこから探しましょう。ランキングもAmazonや楽天が独自に行っているので、店舗側で操作できません。信頼できます。

 

 

こんな感じで、皆さまも楽しいネットショッピングライフを。

 

おすすめの記事